TOYO GOSEI 東洋合成工業株式会社


CSR活動


人々の未来を支える責任研究開発・社会貢献
Responsibility for Supporting the Future of People

人々の未来を支える責任

東洋合成工業は世界最先端の技術と知見を活かし、地球環境や社会課題の解決に資する技術や製品の開発を通じ、持続可能な社会の構築に貢献します。


研究開発

「当社の生命線は研究開発にある」を理念に研究開発に取り組んでいます。
常にお客様の声から、新しい技術や製品の種をみつけ、ともに可能性を追求し続け、既存事業で培った高い技術をさらに進化させながら、エネルギーやナノテクノロジー、ライフサイエンスなどの分野にも応用展開しています。

研究開発体制

3拠点、50名以上の研究開発組織


取締役 感光材研究所 所長
兼 知財法務部 部長
宮澤 貴士

研究所では、主に①新製品・新市場創出のための研究開発②既存事業の競争力強化のための研究開発③将来必要になると予想される研究開発という3つのカテゴリーの研究開発を行っています。上記の①について市場動向やお客様とのコミュニケーションのなかから数年後以内には本格的に市場が立ち上がると予想される新製品・新市場を設定し、それに必要な技術の研究開発を行っています。上記の②については主として、既存製品の生産効率の向上のためのプロセス開発を行っています。上記の③については、上記の①および②の研究開発の活動を通じて5年後を目途に必要になる技術を想定して研究開発を行っています。

当社の研究開発においては差別化技術もしくはその基礎になるようであれば本格的に現象解析や機構解明等も行い、場合によっては極めて学術的価値の高い知見を得ることもあります。このように、必要に応じて基礎的な研究開発を行う大きな理由の一つは、中国・インド等の新興国が化学分野でも力を付け、さらに製造コストや原材料の調達などにおいて多くの有利な点あるため、日本企業にとって厳しい競争環境に置かれていることです。そこでよりオリジナリティのある技術・製品を開発する必要があるのです。

研究開発分野にもリスクヘッジが必要です。現状当社の主力となっている感光材事業は景気の動向に左右されやすい傾向があるため、より必須なもの、人間そのものや社会基盤にとって欠かせないもの、例えば、ライフサイエンスやエネルギー分野への市場も考えておく必要があります。テーマの出口についても、ある程度のバリエーションを持たせるようにレイアウトして、限られたリソースを有効に活用するために、時間的にも製品化するタイミングがずれるようにアレンジするなどの取り組みを実施しています。

また、研究開発人材の育成面では、研究員の個性やキャリアプランを考慮して研究開発テーマを設定するとともに、関連部署と協力して研究開発成果の事業化にも携わってもらうことで、研究開発から事業化への一連の流れが理解できるような仕組みにしています。さらに、純粋に研究開発的な差別化だけでなく、知的財産の観点での独自技術の守り方やノウハウの使い方を含め、事業化し、適正な利益を上げいくためのさまざまな施策も行っています。例えば、特許出願を行い、特許化すべき研究成果なのか、社内の営業秘密としてノウハウの秘匿すべきものなのかの評価スキームを確立し、運用しています。

Cell-able®

癌細胞などに対する医薬品の開発においては、人工的に生体内、生体に近い細胞組織を出来る限り再現する必要があります。Cell-able®は、弊社が感光材で培った技術を医薬開発の培養分野に応用した製品で、癌細胞やips細胞などの生存と機能の維持に必要とされる3次元構造を容易に形成。これらの細胞と血管内皮細胞などの細胞との共培養を可能にした細胞培養用プレートです。3次元化することにより、最適なサイズで制御された再現性の高い細胞を実現し、現在、グローバルに多くの製薬企業、大学等の研究機関で利用されています。

TG°C-ureTM

接着剤の熱硬化剤で、最近では自動車や航空機、電子デバイスなどチップ接着用に採用が検討されています。独自の構造により、従来品の欠点、膜の汚れや、接着強度が思うように出ないという課題をかなり高いレベルでクリア。均一性が高く、接着強度が強いため、自動車など、軽量化でCFRPなど炭素繊維と金属などの異種接合に検討され、軽量化およひびCO2削減への貢献が期待されています。


社会貢献

東洋合成工業は、企業市民として社会に貢献し、地域社会と歩みを共にすることを重要と考えています。社会から信頼される企業を目指し、地域住民や団体との積極的なコミュニケーション活動に取り組んでいます。また、地域コミュニティを中心に、次世代を担う子ども達の成長を支援するため、職場体験などの機会を提供しています。

仕事体験プログラムの提供

千葉工場と感光材研究所では、地域の小学生や中学生向けの仕事体験プログラムを提供しています。子供たちにとって、社会における各職種の役割を学び、将来の仕事や学校で学ぶことの意味について考える場になればと思っています。

印西市印旛中学校の生徒が研究所での実習を体験

「東庄ふれあい祭り」に出店

千葉工場では、毎年、東庄町の笹川小学校で開催される「東庄ふれあいまつり」に出店しています。地域住民の皆さまと信頼関係を築くためには、交流の機会を積み重ねることが大切です。千葉工場は、今年も引き続き参加を予定しています。

  • 当社参加メンバー

  • 出展ブースにて風船や抽選賞品を配布

地域清掃活動

千葉工場、香料工場、淡路工場では、毎年、夏季および冬期休暇前に工場周辺地域の清掃活動を行っています。

千葉工場の夏季清掃活動


Copyright (C) Toyo Gosei Co., Ltd All rights reserved