社長メッセージ

木村有仁氏

東洋合成工業は、常に時代を先読みし、その未来にフィットしたサービス、製品を開発して参りました。1950年代は、戦後の重工業化を支えた輸入品の先進的な蒸留精製、東京湾最深部で化学製品を安全に一次貯蔵し、船・ローリー・ドラムなどあらゆる荷姿に対応した配送サービスの展開。1970年代には、半導体・液晶黎明期前の感光材開発、グローバル化による発展途上国の中間層増加をにらんだグローバルマーケットへ向けた香料開発と供給。そうした活動を通して、東洋合成工業はグローバルニッチトップのポジションを得るまでになりました。

そして今、グローバルエコノミーの中で超・情報化社会へ向け技術革新は急速に進化しています。半導体の微細化、高速無線通信、記憶容量の飛躍的増加、あらゆるデータの電子化、大量データのリアルタイム並列処理、AIロジックの出現......。あらゆるデバイスがデータを吐き出し、大量のデータをリアルタイムに解析・処理する時代が現実のものとなっています。

それを支える半導体の微細化・高機能化の進展とともに、東洋合成工業が主戦場とするEUV(極紫外線)プロセスなど先端系のフォトレジスト材料への要求は、さらに低メタル化・超ファイン化が強まっています。高品質・安定供給、更なるサービスと生産性の向上を望む市場環境は、東洋合成工業にとって大いなる追い風です。創業以来培ってきた高純度合成力、精製技術により磨きをかけ、顧客品質を満たす安定供給体制を強化することで、世界の技術革新を支えて参ります。

TGC300で挑む、地平線のさらにその先へ

当社は、売上高 300 億円の達成に向けた中期経営計画「TGC300」(2019年3月期~2023年3月期)を策定しました。TGC300では技術戦略強化のための重点項目として顧客品質と生産性を両立する生産技術の開発強化を掲げ、それに向けた取り組みを着実に進めています。先端系の品質と生産性を両立するイノベーションを重点戦略とし、感光材のほか、高純度溶剤も先端半導体向けに安定的に供給していく計画を推進しています。

そうした計画をより確実なものとするための戦略的投資として120億円を計画していますが、R&Dを入れればさらなる投資となることでしょう。研究開発の主要なテーマは、 感光材や化成品の効率的な製造プロセス、既存事業の枠を越えた新規製品の開発、ライフサイエンス関連などの取り組みを強化しています。

東洋合成工業は、既存の感光材事業、化成品事業を継続していくなかで培った分離・精製技術などのコア技術をさらに強化するとともに、 新規技術の開発にも取り組みながら、これらを複数の製品に関連させることでラィンアップをさらに広げていく方針です。

東洋合成工業の前には可能性の地平線が拓けています。1つひとつの顧客課題、技術課題を独創的な視点で解決し、超高品質と生産性を両立させることで日本のマテリアルイノベーターの道を突き進んでまいります。

東洋合成工業株式会社
代表取締役社長 木村 有仁