個人投資家の皆さまへ

東洋合成工業についてご理解いただく
ための情報を掲載しています。

早わかり!東洋合成

今は形が未だ現れざる、見えざるものへの挑戦

東洋合成工業の創業は1954年、医薬品用化学製品の製造・精製からはじまりました。創業以来、「研究開発を生命線」とし、「有機合成」と「高純度化技術」を核に成長しています。今や、東洋合成工業の製品やサービスは、暮らしのなかのさまざまな所に使われています。例えば、私たちの生活を便利にするパソコン、スマートフォンなどの電子機器や自動車の自動運転を可能にする分野。例えば、生活を豊かにする香水やシャンプーなどのトイレタリー製品。東洋合成は、社会のあらゆるシーンでの安心・便利・快適な毎日を支える製品を提供しています。

東洋合成工業の事業領域

東洋合成工業は2つのセグメントの下、ビジネスを展開しています。半導体やフラットパネルディスプレイ(FPD)を作るための材料、香料材料、化学専業のロジスティックサービスを提供しています。グローバル化の流れの中でビジネスのフィールドにはもはや国境は存在しません。当社は、国際的な需給関係とコラボレーションの枠組みのなかで、世界の技術革新を支える要素技術供給のベンダーとしてフロントラインに立ち続けています。

1.時代に必要とされるものを作る
2. 他社が作れないものを作る
3. 研究開発と技術を核とする
4. あきらめず、愚直に、誠実にやる

この経営ポリシーのもと、化学の力を通じて、多様化・高度化する社会ニーズに応えています。

3つの
事業領域

感光材事業

  • 半導体集積回路、FPDに欠かせないフォトレジスト用材料の研究・開発・製造
  • 半導体/ディスプレイ材料 世界No.1シェア

化成品事業

  • 電子材料向け高純度溶剤、香料材料の研究・開発・製造
  • 60年以上培ってきた高度な合成技術や蒸留・精製技術を保有

ロジスティック事業

  • 半世紀以上にわたる私たちの高度な化学品取り扱いノウハウ
  • 高品質・高機能を提案する化学専業ロジスティック・ターミナル

新規事業開発に貢献する感光材研究所での研究開発

研究開発

これからの市場成長予測

5G、人工知能、スマートシティ、電気自動車など、社会のデジタルシフトを築く最新テクノロジーのすべての分野で半導体関連製品の需要がさらに高まり、より高性能な機能性材料が一層必要となっています。当社が蓄積してきた独創的な高純度化技術・合成技術・製造技術を礎に、今後も創業以来の「ベンチャー精神」で、未来へ挑戦し、社会変革に寄与し続けます。

株主還元

東洋合成の株主メリット

経営参加

point1

100株以上を保有する株主様は、株主総会において決議事項に対して議決権を行使できます。

株主優待

point2

毎年3月末時点において500株以上を保有する株主様に、年1回、株主優待品を進呈しています。

利益配分

point3

配当として利益の配分を保有株数に応じて受けることができます。(年1回)

株主通信

point4

事業概要と決算に関する内容を記載した株主通信をお届けしています。

個人投資家説明会

開催日時
2021年1月8日(終了いたしました。)
開催場所
野村 IR 資産運用フェア 2022(主催:野村インベスター・リレーションズ株式会社)
2021年1月8日個人投資家説明会動画 2021年1月8日個人投資家フェア資料
(PDF:3,592KB)

株価情報

現在の株価情報はYAHOO!ファイナンスにてご覧いただけます。

YAHOO!ファイナンスはこちら

さらに詳しく知りたい方へ