TOYO GOSEI 東洋合成工業株式会社


CSR活動


社員への取り組み
Employee Initiative

事業継続・保安防災に関する取り組み

東洋合成工業では、社員がチャレンジングな仕事にやりがいを持って力を発揮できる環境の整備を図っています

東洋合成工業は、人材戦略プロジェクトを2015年6月からスタート。「社員がチャレンジングな仕事にやりがいを持って力を発揮し、人材育成を支える人材マネジメントシステム構築、運用の充実」に取り組んでいます。


人権・ダイバーシティ

人権への配慮

東洋合成工業では、国際基準に則った人権に対する配慮はCSR経営の基盤であると考え、世界各国・地域の文化、伝統、慣習の理解に努め、国際的基準を支持し人権を尊重することが重要であると考えています。
コンプライアンス研修等を実施するとともに、職務に関し、人種、性、宗教、信条、国籍、その他非合理的な理由により差別することや「セクシャルハラスメント」を明確に禁止行為として定め、その行為者に対しては懲戒する旨を定めています。
また、コンプライアンスに関する相談・申告窓口やセクシュアルハラスメント相談窓口を社内外に設け、人権侵害に関わる事態が発生した場合にも、その情報を迅速に把握して適切な対応を取ることができる体制を整えています。

ダイバーシティの推進

東洋合成工業では、各組織で多様な人材が活躍し、さまざまな視点やアイデアが取り込まれる環境の醸成を重要な経営戦略の一環と考えています。
女性や高齢者、外国人の活躍推進、障がい者雇用に対する理解・支援など、さまざまな活動を展開・強化し、職場の活性化と組織力の向上に取り組んでいます。

女性の活躍を推進

女性社員の積極採用と職域の拡大、職場への定着を重点課題とし、柔軟な勤務制度の整備、より効率的な仕事をする職場環境整備の推進などを具体的課題として取り組んでいきます。

再雇用制度

社員のモチベーション向上と生活保障を目的に再雇用制度を実施してきました。これからも社員が安心して働くことができる会社を目指し、制度整備を進めています。

再雇用制度の新規雇用率推移

2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
100% 0% 75% 100% 100%

人財への取り組み

東洋合成工業にとって、社員は最も重要な資産であると考えています。
経営理念、経営戦略の実現に向けて、創造力とバランス感覚のとれた人材を育成するべくさまざまな人材開発プログラムを整備し、社員一人ひとりが活き活きと働き、社員と会社がともに成長し続けるための環境づくりを目指しています。

求める人材像
  • 安全と生産性の向上を両立するための改善に継続的に取り組める人材
  • 能動的に顧客の要望を理解し、最適な製品提供のため行動できる人材
  • 部門や拠点を横断する視座を持ち、目標達成のため周囲と協働できる人材
  • 製品/サービスの付加価値や差別化にこだわり、新たなことにチャレンジできる人材
  • 環境変化を的確にとらえ、役割を果たすために積極的に自己研鑽し、育て合える人材
人事基本方針
チャレンジ

チャレンジ精神を持って、困難を乗り越え革新的な成果を出した社員を評価し、正当に処遇していく

積極的な人材育成

自らのキャリア開発に向けて、積極的に自己研鑽に励む社員を支援する

オープン&フェア

客観的かつ公平で、高い納得性が得られるようオープンに推進する

安心して働ける環境

社員が安心して働ける職場環境・制度を整えていく

人事制度ポリシー
1. 等級ポリシー
  • 管理職は役割責任を明確化する役割等級を、非管理職は能力伸長を重視する発揮能力をもとにした発揮能力等級を導入する
  • 管理職は、組織を率い、人を育てるマネジメントコースと、高い専門性をもって貢献するプロフェショナルコースを設ける
  • 昇格基準やプロセスを具体化し、何ができれば昇格できるのかを社員に明示する
2. 評価ポリシー
  • 評価は、成果だけでなく、プロセスや能力も評価する
  • 制度はシンプル化することにより、フェアで、社員が理解しやすいものとし、適切な運用とコミュニケーションができる仕組みとし、徹底する
  • 評価項目には等級別に社員に求められる行動(チャレンジ、協働、育成、安全や改善など)を盛り込む
3. 福利厚生ポリシー
  • チャレンジに取り組む社員が、安心して健康に働けるセーフティネットとなるよう、社員およびその家族へのサービスを提供する
  • 社員のライフステージや多様なライフスタイルを尊重し、支援する公平な環境を提供する
4. 育成ポリシー
  • 社員自己研さんを支援し、また、育てあう文化の醸成を図る
  • 求められる人材像の実現を目指して、人材育成の体系、キャリアパスを社員に明示し、計画的な異動・配置・および評価制度の活用により、人材を育成する
5. 報酬ポリシー
  • 報酬水準については、役割に応じた社内公平性と、外部競争力を確保する
  • 異動・配置、業務対応の柔軟性を高める、処遇基盤を用意する

教育体系

求める人材像の計画的な育成を目指し、教育研修体系の再構築を進めています。
また、次世代リーダー育成強化のため「選抜型プログラム」を推進していきます。またそれ以外のプログラムに関してもこれまで以上に充実化を図り、社員自らが選択受講できるプログラムに関しては、受講しやすい仕組みづくりや研修体系のオープン化などを進めます。

新入社員研修(製造現場実習)

新入社員が入社し、1年間を経過するまで、指導担当者が日々の業務を通じて専門的スキルや、企業人としての視点・考え方・態度・行動基準を教えていきます。教育計画や、教育実施記録、3か月に一回の育成面談、自主保全実践教育、1年後には経営陣に対して成果発表を行って、育成しています。


イキイキ職場づくり(社員満足度向上)

東洋合成工業では、職場の状態の把握や管理職の意識改革に取り組むことで、多様な人材が活き活きと活躍できる活力ある職場づくりを目指しています。

組織診断

2013年から毎年、全社員に対して職場や社員の活性度に関する調査を行い、人事施策の効果等を定点観測し、今後の施策立案に活かしています。また、調査結果は、各部門に対してフィードバックし、実行中の施策の継続的な推進を図っています。

マネジメント強化

管理職を対象に組織目標の達成と育成を目的とした360度フィードバックツールの活用と、教育研修を組み合わせることで、マネジメントの向上を図っています。


ワーク・ライフ・バランス

東洋合成工業では「ワーク・ライフ・バランス」の実現に向け、労働組合・従業員代表との定期的な労使協議を年間4回以上実施し、柔軟な勤務制度・環境の整備に取り組んでいます。

育児介護休業制度

社員の育児・介護をサポートする制度を導入しています。育児休業は、最大1歳6ヶ月になるまでの期間を取得できる制度としています。また、男性の育児参加を促進するため、男性の育児休業取得を推進しています。

働きやすい環境整備

東洋合成工業では、柔軟な働き方の実践と過重労働の防止および休暇取得推進に取り組んできます。社員の家族構成に応じた「育児勤務」「介護勤務」など、柔軟かつメリハリのある働き方を目指し、勤務制度を導入しています。今後も、フレックスタイム制導入など、柔軟な働き方を推進していきます。

1ヶ月あたり平均残業時間と年次有給休暇取得率

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
残業時間 19時間 19時間 17.1時間 18.5時間
年休取得率 52.6% 51.9% 55.1% 48.3%
GLTD制度(Group Long Term Disability)

経営方針の1つに「安全操業を最優先し、従業員、協力会社社員、地域住民などの関係者の安心できる操業環境を確保する」を掲げています。2015年度より、社員が病気やけがで休業を余儀なくされた場合、家族を含め経済的な不安を感じずに、安心して療養できるように、収入の一部を補償する団体長期障害所得補償制度(GLTD制度)を導入しています。


Copyright (C) Toyo Gosei Co., Ltd All rights reserved