TOYO GOSEI 東洋合成工業株式会社


すべてはここから 私たちの生命線「研究開発」


研究開発
R&D

水溶性感光性樹脂 BIOSURFINE®-AWP
  • BIOSURFINE®-AWPとは
  • 親水化コーティング用途
  • 酵素固定化用途

BIOSURFINE®-AWPとは

水溶性の光硬化性感光性樹脂BIOSURFINE®-AWPは、安全性に優れた水溶性ポリマーに感光基を直接結合させた、新しいタイプの感光材です。BIOSURFINE®-AWPには以下のような特長があります。

  • 水溶性の感光材です。
  • 紫外光照射部がゲル化し(光硬化)、簡単に硬化膜(ハイドロゲル)が生成します。
  • 生体物質に対して影響の少ない波長の紫外光(300~400nm)で硬化します。
  • プラスティックやガラスの上に親水化膜が作成できます。
  • 硬化膜は、耐水性・耐有機溶剤性に優れています。
  • 硬化膜は、γ線滅菌が可能です。
  • 硬化膜は、タンパク吸着抑制効果があります。

このような性質を利用して、バイオチップの作製の際に必要な機材の親水化コーティングや、高い生体物質親和性を利用した酵素固定化などの用途が期待されます。

露光による反応のメカニズム

露光により感光基が反応活性種に変化します。この活性種が反応することによって、ポリマー同士の架橋や基材との結合が生成します。

露光による反応のメカニズム

製品パッケージ

製品パッケージ100g 入り、10g 入りの梱包単位があります。
詳しくはお問い合わせください。


Copyright (C) Toyo Gosei Co., Ltd All rights reserved