TOYO GOSEI 東洋合成工業株式会社


すべてはここから 私たちの生命線「研究開発」


研究開発
R&D

水溶性感光性樹脂 BIOSURFINE®-AWP
  • BIOSURFINE®-AWPとは
  • 親水化コーティング用途
  • 酵素固定化用途

酵素固定化用途

操作が簡便

BIOSURFINE®と酵素の水溶液を混合し、乾燥膜を露光することで簡便に酵素固定化ができます。

酵素の安定性の向上

BIOSURFINE®でグルコースオキシダーゼを固定化した場合、3ヶ月常温で放置しても60%の酵素活性を維持しています。これは、4℃の水溶液で酵素を保存した場合とほぼ同等の活性です。

酸素活性の経時変化

酵素を電極表面に固定化した例

BIOSURFINE®-AWPでグルコースオキシダーゼ1Uを作用極表面に固定化した1つの電極を用いて、グルコース溶液の各濃度における過酸化水素の分解電位における電流を測定しました。すべての濃度において、濃度に応じた過酸化水素の分解による電流が観測されています。


Copyright (C) Toyo Gosei Co., Ltd All rights reserved