TOYO GOSEI 東洋合成工業株式会社


製品紹介


用途別

ライフサイエンス
LifeSciences
ライフサイエンス

三次元細胞培養システム“Cell-able®

三次元細胞培養システム国内外の研究機関・病院との共同研究を通じて、初代肝細胞・がん細胞株・患者由来がん細胞・iPS細胞・幹細胞など、様々な細胞の培養が可能となる新たな三次元培養システムを開発しています。
これにより医薬品の研究開発のみならず、薬物感受性試験等、臨床現場での適用を目指しています。


  • Cell-able®概要
  • 製品リスト/マニュアル
  • テクノロジー/アプリケーション
  • 学会発表/論文

学会発表

2017年
希少がんの新しい治療法のためのpatient-derived cancer model
Date 2017年6月23日
Abstract code P-06
Abstract Title がん細胞の2次元培養と3次元培養比較
マイクロパターン培養プレートCell-able®を使った3次元培養
Presenter 城村友子(東洋合成工業株式会社)

発表資料はこちら(2.09MB)

第24回HAB研究機構学術年会
Date 2017年6月2日
Abstract code P-10
Abstract Title キメラマウス由来肝細胞の三次元培養
~PXB-ableTMとヒト初代肝細胞の三次元長期培養におけるCYP酵素誘導活性の経時変化~
Presenter 城村友子(1)、赤平有希(1)、山崎ちひろ(2)、石田雄二(2)(3)、立野知世(2)(3)
(1) 東洋合成工業株式会社
(2) 株式会社フェニックスバイオ
(3) 広島大学肝臓プロジェクト研究センター

発表資料はこちら(1.62MB)

細胞アッセイ研究会
Date 2017年1月31日
Abstract code P-14
Abstract Title キメラマウス由来肝細胞の三次元培養~PXB-ableTMの長期培養安定性とプレートフォーマットによる活性値の比較~
Presenter 城村友子(1)、赤平有希(1)、山崎ちひろ(2)、石田雄二(2)(3)、立野知世(2)(3)
(1) 東洋合成工業株式会社
(2) 株式会社フェニックスバイオ
(3) 広島大学肝臓プロジェクト研究センター

発表資料はこちら(3.32MB)

2016年
第6回CSJ化学フェスタ
Date 2016年11月15日
Abstract code D2-06
Abstract Title フォトポリマーでつくる三次元培養表面 ~肝細胞付き培養器の供給まで~
Presenter 赤平有希(東洋合成工業株式会社)

発表資料はこちら(2.69MB)

第78回日本血液学会学術集会
Date 2016年10月14日
Abstract code PS-2-102
Abstract Title Three-dimensional (3D) cell culture system is useful for primary culture for acute leukemia cells
Presenter Takeshi Asano, Atsushi Fujita, Kiyohiko Kaizu, Hidehiko Narazaki, Takahiro Ueda, Jun Hayakawa, Miho Yamanishi, Ryoichi Uchimura, Miho Maeda (Department of Pediatrics, Nippon Medical School)Takeshi Asano, Atsushi Fujita, Kiyohiko Kaizu, Hidehiko Narazaki, Takahiro Ueda, Jun Hayakawa, Miho Yamanishi, Ryoichi Uchimura, Miho Maeda (Department of Pediatrics, Nippon Medical School)
Tomoko Jomura (Toyo Gosei Co., Ltd.)

発表資料はこちら(618KB)

第43回日本毒性学会学術年会
Date 2016年7月1日
Abstract code P-243
Abstract Title 三次元培養肝細胞による代謝酵素誘導評価系の構築
Presenter 城村友子(東洋合成工業株式会社/安全性評価研究会in vitro 肝代謝・毒絵師評価分科会), et al.

発表資料はこちら(1.41MB)

第23回HAB研究機構学術年会
Date 2016年5月27日
Abstract code P-11
Abstract Title Cell-able®で3次元培養したキメラマウス由来ヒト肝細胞PXB-cells®(PXB-ableTM)の微小構造解析と薬物性肝障害予測への応用
Presenter 城村友子(東洋合成工業株式会社) 
石田雄二、山崎ちひろ、立野知世(株式会社フェニックスバイオ)

発表資料はこちら(2.50MB)

2015年
第6回スクリーニング学研究会
Date 2015年11月27日
Abstract code P19
Abstract Title 3次元培養を用いたHCSイメージングによるマルチプレックス肝毒性評価(DILI)とそのスフェロイド構造
Presenter 赤平有希、城村友子(東洋合成工業株式会社)
石田雄二、山崎ちひろ(株式会社フェニックスバイオ)

発表資料はこちら(1.63MB)

第3回細胞凝集研究会
Date 2015年11月20日
Abstract code -
Abstract Title Cell-able®で培養したヒト新鮮肝細胞(PXB-able)の微小構造およびこれを用いた薬剤性肝障害予測
Presenter 佐倉 武司(住友ベークライト株式会社)
城村友子(東洋合成工業株式会社)

発表資料はこちら(2.92MB)

第42回日本毒性学会学術年会
Date 2015年7月1日
Abstract code P-222
Abstract Title ヒト肝細胞スフェロイド培養法による薬剤性肝障害の検出におけるフィーダーレス化の検討
Presenter 城村 友子(東洋合成工業株式会社/安全性評価研究会 in vitro 肝代謝・毒性分科会), et al.

発表資料はこちら(1.05MB)

iPSビジネス協議会15回情報交換会
Date 2015年5月29日
Abstract code -
Abstract Title Cell-able® 3次元培養法 肝細胞、がん細胞を使ったアプリケーション紹介
Presenter 城村友子、赤平有希(東洋合成工業株式会社)

発表資料はこちら(827KB)

2014年
Discovery on Target 2014
Date October 8-10, 2014
Abstract code P-307
Abstract Title 3D cell- culture system for DILI with fresh human hepatocytes
Tomoko Jomura(Toyo Gosei Co., Ltd)
Presenter Yuji Ishida(PhoenixBio Co., Ltd.)

発表資料はこちら(1.32MB)

日本動物実験代替法学会第27回大会
Date 2014年12月5-7日
Abstract code P-61
Abstract Title ヒト三次元培養肝細胞を用いた医薬品代謝評価系の構築
Presenter 荒川 大(高崎健康福祉大学 薬学/ in vitro肝代謝・毒性評価分科会), et al.
第41回日本毒性学会学術年会
Date 2014年7月2日-4日
Abstract code P-85
Abstract Title ヒト肝細胞スフェロイド培養法における薬物代謝活性評価
Presenter 中川 俊人(中外製薬株式会社/安全性評価研究会 スフェロイド分科会), et al.
第41回日本毒性学会学術年会
Date 2014年7月2日-4日
Abstract code P-101
Abstract Title ヒト肝細胞スフェロイド培養法を用いた化合物曝露による肝障害の検出
Presenter 楠元 久美子(大阪市立大学大学院医学研究科分子病理学/安全性評価研究会 スフェロイド分科会), et al.
日本組織培養学会 第87回大会
Date 2014年5月29-31日
Abstract code SP-2-5
Abstract Title Prediction of drug induced liver injury in human with primary hepatocyte
spheroid on Cell-able® by HCS assay
Cell-able®上で形成した初代ヒト肝細胞スフェロイドを用いた肝毒性予測
Presenter 城村 友子(東洋合成工業株式会社)

発表資料はこちら(2.41MB)

日本組織培養学会第87回大会
Date 2014年5月29-31日
Abstract code SP-2-5
Abstract Title Cell-able®上で形成した初代ヒト肝細胞スフェロイドを用いた肝毒性予測
Presenter 城村友子(東洋合成工業株式会社)

発表資料はこちら(4.96MB)

HAB研究機構第21回学術年会
Date 2014年5月16-17日
Abstract code S1-1
Abstract Title シンポジウムⅠ:細胞、組織培養技術の発展と実用化
三次元培養システムCell-able®で形成されるヒトがん細胞および肝細胞スフェロイドを利用した創薬研究の新しいアプローチ
Presenter 横田 耕一(東洋合成工業株式会社)

発表資料はこちら(3.89MB)

第21回HAB研究機構学術年会
Date 2014年5月16日
Abstract code S1-1
Abstract Title 三次元培養システムCell-able®で形成されるヒトがん細胞および肝細胞スフェロイドを利用した創薬研究の新しいアプローチ
Presenter 横田耕一(東洋合成工業株式会社)

発表資料はこちら(3.83MB)

とっとりバイオフロンティア勉強会
Date 2014年4月24日
Abstract code -
Abstract Title Cell-able®とヒト初代肝細胞を用いたイメージングによる肝毒性評価法及びキメラマウス由来新鮮ヒト肝細胞を用いた肝毒性評価法の可能性
Presenter 城村友子 (東洋合成工業株式会社)

発表資料はこちら(2.40MB)

2013年
第36回日本分子生物学会年会
Date 2013年12月3日
Abstract code ミニセミナー No.3-3-13-4
Abstract Title Cell-able® 三次元培養システムとImageXpress Microハイコンテントスクリーニングシステムを用いたがん細胞およびヒト肝細胞スフェロイドの解析
Presenter 鈴木真帆海(モレキュラーデバイスジャパン株式会社)、城村友子 (東洋合成工業株式会社)

発表資料はこちら(3.29MB)

Date 2013年12月3日
Abstract code ポスター発表 P1-0882
Abstract Title 培養表面に微細加工をした三次元培養システムCell-able® Oncologyを用いたがん細胞スフェロイドのがん幹細胞的性質の解析
Presenter 城村友子(東洋合成工業株式会社)

発表資料はこちら(1.70MB)

モレキュラーデバイスジャパン株式会社主催 テクニカルセミナー
Date 2013年7月3日
Abstract code -
Abstract Title ImageXpress MicroとCell-able®三次元培養システムを用いたがん細胞およびヒト肝細胞スフェロイドの機能解析
Presenter 横田耕一(株式会社トランスパレント)
AACR Annual Meeting 2013
Date 2013年4月
Abstract code -
Abstract Title Stem-like cell characteristics of cancer spheroids grown in a microfabricated cell array three-dimensional culture system Cell-able(TM) Oncology
Presenter 横田耕一(株式会社トランスパレント)
2012年
The 39th Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology
Date 2012年7月18日
Abstract code S12-5
Abstract Title ヒト肝細胞スフェロイド培養法を用いたin vitro代謝・毒性評価
Presenter Dr. Kunihiro Ohta(Chugai Pharmaceutical Co.Ltd)

発表資料はこちら(1.51MB)

The 85th Annual Meeting of the Japanese Tissue Culture Association
Date 2012年5月18日
Abstract code S-2-1
Abstract Title Functional changes induced by morphological regulation in primary hepatocyte culture
Presenter Dr. Shin Enosawa (National Center for Child Health and Development)
AMERICAN SOCIETY of GENE & CELL THERAPY 2012 Annual Meeting
Date 2012年5月19日
Abstract code 758
Abstract Title A Novel Platform of Genetically-Modified Cell Transplantation using 3D Spheroid Culture System on Micropatterned Substrates and Polyplex Nanomicelles
Presenter Dr. Keiji Itaka (The University of Tokyo)
AACR Annual Meeting 2012
Date 2012年4月4日
Abstract code 5270
Abstract Title Evaluation of Cell-able spheroid culture system for culturing patient derived primary tumor cells
Presenter Dr. Kesavan Nair Praveen(Molecular Response LLC)

発表資料はこちら(2.52MB)

2011年
日本薬物動態学会 第26回年会
Date 2011年11月16日
Abstract code Oral Presentation 8「Phase I enzyme-2」
Abstract Title HUMAN HEPATOCYTE 3D CULTURE ON CELL-ABLE USING NEWLY OPTIMIZED MEDIUM AND ITS FUNCTIONAL EVALUATION
Presenter 絵野沢伸(国立成育医療研究センター)

発表資料はこちら(1.08MB)

17th North American Regional ISSX Meeting
Date 2011年10月18日
Abstract code P-210
Abstract Title Functional Evaluation of 3D-culture of Human Hepatocytes on Cell-able under Newly Optimized Condition
Presenter 絵野沢伸(国立成育医療研究センター)

発表資料はこちら(1.05MB)

第38回日本トキシコロジー学会学術年会
Date 2011年7月13日
Abstract code P-144
Abstract Title 代謝物予測におけるヒト肝細胞スフェロイド培養系の有用性の検討
Presenter 王鞍 孝子(丸石製薬株式会社), et al.
Date 2011年7月13日
Abstract code P-159
Abstract Title 肝毒性評価におけるヒト肝細胞スフェロイド培養法の有用性検討(1)
Presenter 長井 大地(日本化薬株式会社), et al.
Date 2011年7月13日
Abstract code P-160
Abstract Title 肝毒性評価におけるヒト肝細胞スフェロイド培養法の有用性検討(2)
Presenter 岩井 久和(株式会社三和化学研究所), et al.
Date 2011年7月13日
Abstract code P-161
Abstract Title ヒト肝細胞スフェロイド培養法を用いた反応性代謝物アシルグルクロニドあるいはミトコンドリアDNAポリメラーゼγ阻害剤による肝障害の検出
Presenter 片木 淳(小野薬品工業株式会社), et al.

発表資料はこちら(2.35MB)

日本組織培養学会 第84回大会
Date 2011年5月27日
Abstract code YIA-3
Abstract Title 細胞非接着性表面処理による3次元培養基板を用いたヒト初代肝細胞機能評価
Presenter 高橋由里子(株式会社トランスパレント)

発表資料はこちら

2010年
Biochemistry and Molecular Biology 2010 in Kobe
Date December 10, 2010
Abstract code 4P-0907
Abstract Title CYP3A expression in cultured hepatocytes and regenerated liver cells from humanized CYP3A mice
Presenter Dr. Masako Tada, Tottori University
日本動物実験代替法学会 第23回大会
Date 2010年12月5日
Abstract code S3-4
Abstract Title 薬物動態研究における肝細胞スフェロイドの有用性:ラットおよびヒト肝細胞培養の経験から
Presenter 絵野沢 伸 (独立行政法人国立成育医療研究センター)
第37回 日本臓器保存生物医学会学術集会
Date 2010年11月20日
Abstract code 0-36
Abstract Title 新規三次元培養基板Cell-able上のヒト肝細胞スフェロイドのトランスポーター能
Presenter 絵野沢 伸(独立行政法人国立成育医療研究センター)
49th Annual Meeting and ToxExpo, Society of Toxicology, Salt Lake City
Date March 09, 2010
Abstract code Exhibitor hosted session
Abstract Title Introduction to the development and validation study of the new technology "Cell-able" for new drug discovery.
Presenter Dr. Shin Enosawa, National Research Institute for Child Health and Development
2009年
24th JSSX Annual Meeting in Kyoto
Date November 02, 2009
Abstract code 1-P-44
Abstract Title SUCCESSFUL APPLICATION OF POOLED HUMAN HEPATOCYTES ON 96-WELL CELL ARRAY 3D-CULTURE PLATE FOR DRUG-METABOLIZING ENZYME STUDIES IN DRUG DISCOVERY
Presenter Dr. Shin Enosawa, National Research Institute for Child Health and Development
8th ISSX Annual Meeting in Sendai
Abstract code  
Abstract Title Applicaion of Cell Array 3D-Culture System for Cryopreserved Human Hepatocytes with Low-Attaching Capability.
Presenter Dr. Shin Enosawa, National Research Institute for Child Health and Development

出版

月刊バイオインダストリー 2015年1月号
発行日 2015年1月
タイトル 新鮮ヒト肝細胞の三次元細胞培養による薬物性肝障害予測システム
3D Cell-culture System for DILI(Drug Induced Liver Injury)Prediction with Fresh Human
執筆者 島川優(東洋合成工業株式会社)
城村友子(東洋合成工業株式会社)

論文

Continuous long-term cytotoxicity monitoring in 3D spheroids of beetle luciferase-expressing hepatocytes by nondestructive bioluminescence measurement

Mayu Yasunaga, Yasuko Fujita, Rumiko Saito, Mitsuo Oshimura, Yoshihiro Nakajima
BMC Biotechnology (2017)

論文はこちら(1.22MB)

Gene Transfection toward Spheroid Cells on Micropatterned Culture Plates for Genetically-modified Cell Transplantation

Keiji Itaka, Satoshi Uchida, Akitsugu Matsui, Kayoko Yanagihara, Masaru Ikegami, Taisuke Endo, Takehiko Ishii, Kazunori Kataoka
Jove (2015)

Long-term survival and functional maintenance of hepatocytes by using a microfabricated cell array

Ikeda Y, Jomura T, Horiuchi U, Saeki J, Yoshimoto K, Ikeya T, Nagasaki Y.
Colloids and Surfaces B: Biointerfaces, 97, 97-100(2012)

論文はこちら(771KB)

An injectable spheroid system with genetic modification for cell transplantation therapy

Uchida S, Itaka K, Nomoto T, Endo T, Matsumoto Y, Ishii T, Kataoka K.
Biomaterials 35 (8) 2499-2506 (2014)

論文はこちら(2.07MB)

3D spheroid culture system on micropatterned substrates for improved differentiation efficiency of multipotent mesenchymal stem cells.

Wang W, Itaka K, Ohba S, Nishiyama N, Chung UI, Yamasaki Y, Kataoka K.
Biomaterials. 2009 May;30(14):2705-15. Epub 2009 Feb 12.

Preconditioned cell array optimized for a three-dimensional culture of hepatocytes.

Miyamoto Y, Ikeya T, Enosawa S.
Cell Transplant. 2009;18(5):677-81.

Cryopreservation in situ of cell monolayers on collagen vitrigel membrane culture substrata: ready-to-use preparation of primary hepatocytes and ES cells.

Miyamoto Y, Enosawa S, Takeuchi T, Takezawa T.
Cell Transplant. 2009;18(5):619-26.

Two-dimensional multiarray formation of hepatocyte spheroids on a microfabricated PEG-brush surface.

Otsuka H, Hirano A, Nagasaki Y, Okano T, Horiike Y, Kataoka K.
Chembiochem. 2004 Jun 7;5(6):850-5.


Copyright (C) Toyo Gosei Co., Ltd All rights reserved