TOYO GOSEI 東洋合成工業株式会社


採用情報:仕事図鑑


TGCビジネスTGC Business

  • 感光材事業
  • グリーンケミカル事業
  • エネルギー事業
  • 香料材料事業
  • ロジスティック事業
  • 研究開発

ロジスティック事業高品質・高機能を提供する
ケミカル・ロジスティック・ターミナル

化学品メーカーとして半世紀以上にわたる私たちのノウハウは、ロジスティック事業にも活かされています。
恵まれた立地条件と安全対策などのノウハウが詰まった設備は、首都圏のケミカル・ロジスティック・ターミナルとして高い付加価値を提供します。



月間200隻、1日200台に対応可能 海と陸をつなぐ物流拠点

お客様の危険物を、ISO9001認証取得に基づく品質保証体制でサポートする高浜油槽所(千葉県市川市)。東京湾岸の中心、首都高速道路網へ2分でアクセスできる最適な立地(43,000㎡)、様々な容量・材質・機能を備えた化学品保税タンク計65基(第1石油類56基)総容量は55,400kℓを誇ります。月間200隻に対応する船舶用バース3基と、25カ所のローリー充填レーン(全レーン大型車対応)は1日200台への対応が可能です。


受入から貯蔵、出荷まで危険物を安全に効率よく

船舶受入からタンク貯蔵、ローリー出荷まで専用の配管で荷役作業を行うワンタンク・ワンラインシステム導入によってコンタミネーションを防止。第一石油類からの移し替えや化学品の混合も可能です。常設の分析室では専門の分析員が常駐していますので、品質保証や緊急な性状分析にも対応(日本海事検定協会提携)。温度管理システムで加熱・冷却等厳密な温度管理で危険性が高いものや反応性が高いものでも管理できます。


ロジスティック事業Q&A

Q
ロジスティック事業部の業務内容を教えて下さい。
A
ロジスティック事業部は、千葉県市川市にて1万3千坪の広大な敷地に高浜油槽所を運営しております。高浜油槽所は、石油化学製品を中心とした危険物貯蔵タンクを65基、ドラム缶算で1万本保管可能な危険物立体自動倉庫を有し、化学メーカーとして培った品質管理技術、保管技術を駆使し、日本を代表するような石油化学メーカー及び商社へ高度な石油化学品物流を提供しております。
Q
事業の強みを教えて下さい。
A
高浜油槽所は、業界で唯一化学メーカーが経営する油槽所で、感光材製造や蒸留精製で培った高純度技術や高度な品質管理技術を有しており、石油化学製品の取扱、保管品質は、お客様より絶大な信用と信頼をいただいております。
また、物流事業で最大の強みである立地においては、高速道路網、渋滞等を考慮すると他社に無い最適な立地条件となっております。
さらに、市川を起点とする東京外郭環状道路開通時には今以上の物流効率化が図られ、お客様が望まれる、物流コスト削減に大きく寄与することが可能となり、この2点が当社の大きな強みとなっております。
Q
一日にどのくらい出荷量がありますか?
A
高浜油槽所では、タンクローリーで月間約3000台の出荷があり、石油化学製品のローリー出荷では、日本一の出荷量を誇る化学品物流基地となっています。
Q
高浜油槽所ではどのような安全対策を行っていますか?
A
高浜油槽所は、日本一の油槽所として環境及び、社会的責任、膨大な商品の出荷に対して荷主、ユーザーへの荷役遂行責任が非常に重く、万が一にも事故を起こせないため、リスクマネジメントシステムを導入し、事故の予知・予防に重点を置き、事故を未然に防ぐ安全対策を実施しております。
Q
今後の見通しについて教えて下さい。
A
ロジスティック事業部は、物流サービス業として付加価値の高いサービスをお客様に提案して参りました。その結果今期は、ほぼ100%稼動を続けております。売上利益も、5年連続で増収増益を果たし、当社の安定収益確保の役割を果たしてまいりました。
今後は、金融不安、原油価格等の問題が悪い方向へ影響してくることが予想されますが、不景気時には不景気時の当社利用用途があるため、今まで以上に工夫を凝らした効果的、経済的な物流サービスをお客様に提案してまいります。
また、安全確実な物流サービスを提供することにより、ますますの顧客満足度向上を図り、お客様との強固な関係を保つ事により、今まで以上に収益確保を図っていけると考えております。

Copyright (C) Toyo Gosei Co., Ltd All rights reserved