TOYO GOSEI 東洋合成工業株式会社


採用情報:仕事図鑑


社員インタビュー「営業」Interview “Trade”

腰山 泰成グリーンケミカル事業部 グリーンケミカル営業グループ
2008年入社

「営業職の最大の特徴は会社の代弁者であり、お客様の代弁者であるという事です。」

東洋合成工業を選んだ理由

 当社を初めに知ったのは就活サイトです。大学で学んだ化学の知識を活かせる企業を探していたのですが、「感光材で世界一を目指す」の一言に興味を持ちました。当社の選考を進めていく中で、学生の一言一言に反応なさる社長の姿に驚き、個人を大切にしてくれている様で嬉しさがありました。説明会、面接等を通して風通しの良さも感じられ、内々定を頂いた時には「この会社へ行こう」と決めていました。

現在行っている業務

 現在はオフィス内でのデスクワークがメインです。例えば社内会議やお客様を訪問する際に必要な資料を作成したり、製品の生産状況と出荷予定を管理するといった事です。まだまだ業界はおろか自社の知識や商談の基礎も備わっていないので、お客様を訪問する際には上司の後ろについて日々勉強中です。

今の仕事の面白いところ

 営業職の最大の特徴は会社の代弁者であり、お客様の代弁者であるという事です。会社の代表としてお客様と接し、得た要望や情報を社内へ持ち帰るという重要な役割を担っています。私が発する一言が当社の一言とイコールになると思うと大きなプレッシャーを感じますが、それだけに大きなやりがいもあります。

職場の雰囲気

 顧客との最前線の現場なので緊張感はありますが、頼りになる先輩方もいて、仕事に集中できる環境が整っています。また、いつでも誰かが電話で商談等の話をしている為、営業所ならではの活気があります。私も負けずと元気の良い電話対応を心掛ける一方で、諸先輩の交渉術を盗もうと常に耳を大きくしています。

今後の目標

 近い目標は、知識を広げて経験を重ね、一人でお客様と商談が出来るようになる事です。
 少しでも早く大きな仕事を持ち込める様に、まずは「行動第一」と色々な事にチャレンジしていきます。

就職活動中の学生さんに一言

 自分の納得できる会社を見つけるまで就職活動を続けてください。
 ただし、私は就職活動が全てではないと思っています。就職活動はあくまで社会人への第一歩であり、就職してからが大切なのだと思います。就職活動だけで力を使い果たさぬ様、時には気を紛らせながら就職活動を楽しんで下さい。

1日のタイムスケジュール


8:008:00出勤

毎朝電車で通勤。1時間弱の通勤時間を有効活用し、新聞を読んで市場動向をチェックしている。初めは読みづらかった日経新聞も今では必要な情報をピックアップできるようになってきた。会社到着後、9:00の就業開始まではオフィスにある工業系の業界紙を読んで、製品価格動向をチェック。他にも、お客様の企業のニュース、業界の情報収集も怠らない。得た情報は、営業の売り込み戦略を練るヒントにしたり、商談のアイスブレークとして話題に出している。


9:009:00受注入力や指示書の作成

朝一番はメールの確認。工場からの問い合わせや、お客様からの入庫、出庫の問い合わせに対応する。時には急を要する用件の対応だけで午前中を終えることも…
午前中はすぐにでもお客様を訪問したいところだが、実際はデスクワークに縛られる事が多い。社内基幹システムへの受注入力や、お客様から上がってきた要望を正確に社内関係部署へ伝達するための指示書を作成する。一般業務も大事な仕事。正確かつ迅速にこなせる様に頑張りたい。


13:3013:30お客様訪問

営業所は東京都八丁堀にあり、交通のアクセスがよい。基本的には上司について、営業術を学んでいる最中だが、時にはお客様から依頼のあった蒸留検討の実験報告をすることもある。
お客様の中には、自分よりも倍近いお歳の方と話す時はとても緊張するが、早く一人で商談をまとめられる営業マンになれるように、日々実戦経験を積んで努力中!!


15:0015:00商談内容のフィードバック

うまくアポイントが取れれば訪問先から近くの別の訪問先へそのまま移動したりと、時間を有効活用する事も必要とされてくる。また、遠いお客様を訪問したり出張ともなると半日、もしくは1日を要する。会社に戻った後は、商談内容のフィードバックを実施する。工場への指示、お客様からの質問の回答を行う。重要な情報を取りこぼしてしまわぬ様、その日のうちに必ず確認。


18:3018:30退社

当社の営業所はわりと残業者が少なく、プライベートを充実できる。上司が短期集中型を好むので、私のような新人でも帰りづらいという事がない。時には次回のお客様訪問の際に必要な資料を作成していると7~8時まで残業することもあるが、くたびれた後には上司が食事に誘って下さる事もしばしば。


Copyright (C) Toyo Gosei Co., Ltd All rights reserved